漫画描く時の流れは、以下の通りです。 ・ネームを描く ・下書き ・ペン入れ ・集中線や効果線を描く ・ベタ塗り ・下書きを消す ・ホワイト修正 ・トーン貼り まず、ストーリーを考えて、ネームを描きます。 ネームとは、簡単な原稿のことで、そこまで綺麗に描く必要はなく、自分が分かる程度で十分です。 ネームを描き終わった後は、鉛筆やシャーペンで下書きをして、ペン入れをします。 ペンには、たくさん種類がありますが、最初の頃はどれを使っても構いません。 また、インクにも種類があるので、使用しているうちに自分に合ったペンやインクが分かってくるはずです。 黒いペンで作画していき、迫力を生み出すために必要な集中線や効果線を描いていきます。 その後、ベタ塗りをしてから、下書きを消し、ホワイト修正を行います。 後はトーン貼りをして、完成です。 漫画を描く時は、このような流れで行うのが一般的でしょう。 近年では、パソコンで漫画を描く人も増えていますが、今のところは手書きで描く方が評価が高い傾向があるようです。